肝斑治療の診断と方法

顔にできてしまったシミは気になるものですが、その中でも30~40歳に多いシミとして近年知られるものに肝斑があります。

肝斑治療はどのようにして行われるのでしょうか。

まず、医師により肝斑か別のシミかを診断してもらいます。肝斑は顔の両側に左右対称に現れるという特徴があり、特に目の下に現れることが多くあります。
シミには種類があり治療方法も様々ですから、肝斑と診断されてから肝斑治療を始めます。
肝斑はシミの元であるメラニンを作り出す細胞、メラノサイトが活性化する働きが高まることによって発症することがわかっていますので、それを抑える働きがある内服薬、トラネキサム酸が使われます。

その有効成分は血流にのって皮膚の隅々まで届けられますから、表皮の深いところにあるメラノサイトにも効果を発揮するのです。

一流の大阪の肝斑治療の最新情報が揃っています。

トラネキサム酸は約4~5週間で効果が現れてきます。
また症状によっては、美白効果のある外用薬を組み合わせて使用することもあります。

過度の刺激は肝斑を悪化させることがわかっており、レーザー治療はその後の炎症反応により肝斑を悪化させる可能性があるため、肝斑治療には使われません。

そのため、肝斑と別のシミとがある場合は、別のシミにレーザー治療を行う前にまず肝斑治療を行います。

2チャンネル情報を検索しましょう。

紫外線は肝斑を悪化させる要因のひとつですので、紫外線対策は1年を通して欠かせません。



また、十分な睡眠やバランスのとれた食生活など、普段から規則正しい生活を心がけることも大切です。