新しい埋葬法「樹木葬」

「樹木葬」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。


樹木葬とは、自然葬の一つであり、日本では2000年頃から見られるようになり、近年注目を集めています。樹木葬は、その名の通り、花や木などを墓石の代わりとして埋葬する方法を指します。



行政から許可を得ている霊園や墓地に故人の遺骨を埋葬するものです。これは、海などに遺骨を撒く散骨とは区別されます。

これまでのお墓は、先祖代々という考えが前提としてありました。
しかし、核家族化や少子化などにより、必ずしもお墓を継承する人がいるとは限らないのが現状です。

そこで、樹木葬の場合は、継承者がいないという場合でも購入することが出来ます。また、墓石などを購入する必要が無いため、費用も抑えられていることが多いのが特徴と言えます。

樹木葬を希望しているのであれば、まず、霊園を探すようにしましょう。


その際には、施設の設備やセキュリティ体制、サービス内容、費用などを総合的に比較するようにしましょう。

埼玉の樹木葬ならお任せください。

費用については、年会費が必要な場合と必要のない場合がありますので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

OKWaveの情報はこちらのサイトです。

霊園を探す方法としては、インターネットがおすすめです。
自宅の近くはもちろん、日本全国の霊園を効率よく探すことが出来ますし、それぞれの霊園の特徴を知ることも出来ます。霊園を雰囲気を知りたいという場合には、見学会を開催している場合もありますので、参加してみると良いでしょう。